排気ガスの力を利用するターボチャージャーに対して、スーパーチャージャーはエンジンの力を利用して過給器を動かす機構のこと。

スーパーチャージャークランクシャフトのプーリーに掛けられたベルトなどで過給器を回し、エンジンに空気を押し込んでいる。
したがって、エンジンの回転数が低い状態でも過給器が動くため、アクセルを踏むとすぐにブーストがかかってレスポンスが良いのが特徴。

ターボの場合、排気ガスで動かすから、動くのに必要な排気ガス量が流れるまでタイムラグが発生してしまうのだ。ただし、高回転になるとエンジンの力を使っているスーパーチャージャーはターボに比べて効率が悪くなる、といわれる傾向にある。

 

 

まとめ

スーパーチャージャー
エンジンの動力を利用して空気をエンジンに過給する

ターボ
排気ガスの力を利用して空気をエンジンに過給する

<<素人向け用語解説とQ&Aに戻る