ラジエーター
ラジエーター

エンジンを動かすと熱がでます。この熱を冷まさなければエンジンは焼きつきます。今の自動車のエンジンはほとんどが水冷式ですので冷却水でエンジンの熱を奪い、そしてその冷却水を空気で冷やします。この「冷却水を空気で冷やす装置」がラジエーター。

エンジンを冷やすことができないと、エンジンが焼き付き、オーバーヒートしてしまいます。このことから、ラジエーターは車の部品の中でもかなり重要な部品となっています。

 

 

 

 

ラジエーターのしくみ

ラジエーターの仕組みラジエターは、走行風が当たりやすいエンジンルームの最前部に設置されます。しかし、低速走行や高負荷運転を行う場合や停車中など外気温が非常に高い場合には十分に放熱することが出来ません。そのために強制通風が行えるよう、ラジエター後方に冷却ファン(クーリングファン)が備えられています。現在では、電子制御が行い易い電動冷却ファンが一般的になっています。過去にはエンジンのクランクシャフトプーリーから補機駆動ベルトで回転を伝達するベルト駆動式冷却ファンが使われていました。

 

冷却水

冷却水冷却水は、エンジンを冷やす液体を指します。エンジンの凍結・防錆効果もあり、ラジエーター同様に重要な役割を担っています。

別名ラジエーター液、クーラント液など呼称される冷却水には、エンジンを冷やしてオーバーヒートを防ぐとともに、エンジンが錆びないようにする大切な役割があります。冷却水は時間が経つと蒸発するため、定期的に点検して、必要があれば補充や交換をする必要があります。冷却水・ラジエーター液・クーラント液などの交換時期は一般的に約2年と言われていますが、車の使用頻度や環境要因などによって補充や交換する必要は出てきます。

<<素人向け用語解説とQ&Aに戻る