点火プラグ点火プラグとは、いわゆるエンジンの着火装置。電気の放電を用いて、エンジンに取り込んだガソリンを適切なタイミングで爆発させるために欠かせない部品です。

点火プラグ自体がネジ形状になっており、1気筒に対して1〜2個のスパークプラグを使用します。エンジンシリンダーに突き出すように固定されたプラグ先端部が、高電圧のスパーク放電することでガソリンに着火。各気筒を適切なタイミングで爆発させることで、エンジンを安定して稼働させます。放電により先端の電極が摩耗するため、定期的な交換が必要になる部品です。

知ってる?点火プラグの基礎知識と交換

<<クルマのDIY(Do It Yourself)に戻る