車関連の動画を観ていると「デフが効かない」など「デフ」という言葉がよくでてきますが、素人にはわからない?調べました。

デファレンシャルギア=略して「デフ」
クルマが旋回するとき、カーブに対して外側の駆動輪を速く、内側の駆動輪をゆっくり回し、タイヤに無理をかけずにスムーズに旋回させる差動装置のこと。

ところがデフは、基本的に抵抗の少ない車輪に多くトルク(タイヤを回す力)を伝える特性がある仕組みなので、スリップしているタイヤのほうが駆動力が大きくなり、グリップしているタイヤは駆動力が少なくなりますす。ゆえに。スリップしているタイヤは、さらにその傾向が強くなり、クルマが前に進みにくくります。
他の例としては、速いスピードで急カーブを回るようなスポーツ走行の場合、遠心力で内側のタイヤが浮いてしまうことがあります。こうなると、内側のタイヤにかかる負荷が無くなり、空転するため、ディファレンシャルギアは勘違いし、内側のタイヤだけ多く回転させようとしてしまいます。

以下の動画を見るとイメージできるかと思います。

このデメリットを解決するのが、LSD(Limited Slip Differential)

LSDを装備することで、左右の車輪の抵抗に関係なく、同じ駆動力を供給します。その結果、滑っていないほうの駆動輪にも十分な駆動力が与えられ、クルマは前に進んむことができます。

基本的にサーキットを走るようなスポーツ走行をする車に付けるものです。ファミリーカーやミニバンなどは、そのような走行をすることが前提ではありませんので、そもそもそれらの車種にはオプションとしての設定も無く、社外品でも適応するLSDが存在しないことも多く、どんな車種にでも付けることができるものではないようです。

<<素人向け用語解説とQ&Aに戻る