「ブレーキがたれてきた」これも動画等でよく耳にしますが?ブレーキが利かなくなってきたってことは想像できますが、なぜブレーキを酷使するとブレーキの効きが悪くなるかは??調べてみまた。

長い下り坂や、サーキット、峠等でフットブレーキを踏み続けていると、ブレーキローター(ブレーキディスク)ブレーキキャリバー(ブレーキパッド)が接し続け、ブレーキパッドの許容範囲を超える熱が発生してしまいます。ブレーキパッドには、その素材に応じた許容温度があり、その温度を超えてしまうと、摩擦係数が下がり、制動力が一気に低下してしまいます。すると、いくらブレーキペダルを踏んでも、車が止まりません。この状態をフェード現象といいます。

ドラムブレーキ
ドラムブレーキ
摩擦材がドラム内にあるため、一般にディスクブレーキよりも放熱性が悪くフェードも起きやすく冷えるのにも時間がかかる。
ディスクブレーキ
ディスクブレーキ
開放的な構造のため、ドラムブレーキに比べて放熱性は高いが、多用しすぎればフェード現象が起こる。
 

また、似たような現象として、ベーパーロックと呼ばれるものがあります。フェード現象が発生したまま、フットブレーキを踏み続けると、ブレーキディスクとブレーキパッドの熱が上がり続け、今度はブレーキペダルと、ブレーキパッドを押し出すピストンをつなぐブレーキフルードにまで熱が伝わります。その熱でフルードが沸騰すると、ホース内に気泡が発生してしまいます。この状態では、どんなにブレーキペダルを踏んでも、その力が気泡を潰すことに使われてしまい、ブレーキパッドを押す力になりません。

<<素人向け用語解説とQ&Aに戻る